JFSとは

出品のメリットとPR活動

認定ロゴマーク(受賞マーク)を使用した販売促進

受賞マークは、一般の消費者に向けたHPや店頭PRだけでなく、生産者向けのカタログや市場出荷用のカートンやスリーブにも幅広くご利用いただいています。店頭やインターネット通販の商品に表示することで、比較購入の際の動機づけにもご活用いただいています。 *認定登録については出品ガイド 「認定登録について」をご覧ください。

認定登録マークは、用途に合わせて使用しやすく5つのパターンを用意しています。また「日本花き取引コード」を入れたその品種だけに使用できるマークもお渡ししています。

認定登録している品種がフラワー・オブ・ザ・イヤーを受賞した場合にご使用いただけるマークを4パターンご用意しています。

JFSの広報用マーク4パターンもご利用いただけます。

ポットに差し込むタグに受賞マークを使用。

HPなどで自社製品の紹介に。

ポスター、パンフレット、カタログでの紹介に。

その年を代表する品種を年に1度日本フラワー・オブ・ザ・イヤー授賞式で表彰しています

内閣総理大臣夫人もしくは農林水産大臣夫人を特別ゲストにお呼びして授賞式を開催しています(写真は2016年の授賞式の様子:学士会館)。特別ゲストには受賞者からお花のプレゼントが渡され、記念撮影を行います。撮影した画像は後日受賞者と共有させていただきます。
年間の各部門のチャンピオンである「フラワー・オブ・ザ・イヤー(最優秀賞)」と部門長の年間の総評の発表のほか、同時開催の「日本フラワービジネス大賞」(主催:一般財団法人日本花普及センター/日本花き取引コード普及促進協議会/ジャパンフラワーセレクション実行協議会)の授賞式と受賞者による特別講演会も行われ、多くの花き業界関係者にご出席いただいております。授賞式後の交流会は、情報交換の場として広く交流が図られております。

サムネールをクリックすると拡大表示されます。

イベントの展示を活用した広報活動

季節のイベントでの展示への出品を募集し、品種紹介の場としてご活用いただいています。
展示出品募集は、年度によって異なります。決まり次第、WHAT'S NEW!にてお知らせします。

サムネールをクリックすると拡大表示されます。

花壇を活用した広報活動

臨海副都心「花と緑のおもてなしプロジェクト」(主催:臨海副都心「花と緑」のイベント実行委員会)では、ジャパンフラワーセレクションの受賞品種を中心に植栽した「おもてなしガーデン」に参加しています。
このガーデンでは、受賞品種を実際のガーデンデザインに活用した見本花壇として、パフォーマンスを見せながら品種紹介をしています。また、浜名湖ガーデンパーク(静岡県浜松市)では、「JFSガーデン・ディスプレイ」として受賞品種をデザインに活用したガーデンでのPR展示を展開しています。

JFSおもてなし修景ガーデン

花と緑のおもてなしガーデンは、一般社団法人日本ハンギングバスケット協会によるデザイン、植栽、メンテナンス等の協力を得て運営しています。

サムネールをクリックすると拡大表示されます。

JFSガーデン・ディスプレイ

JFSガーデン・ディスプレイは、参加募集型のJFS入賞品種(認定登録品種)の屋外型のPR展示です。
JFSの各部門の審査において「消費者にお勧めできる良い品種」と認められた入賞品種をガーデンデザイナーが浜名湖ガーデンパークの景色の中に推奨ポイントを生かして植栽し、その様子を出品者にフィードバックする取り組みです。

サムネールをクリックすると拡大表示されます。

参加募集のお知らせはこちらをご覧ください。

「JFSガーデン・ディスプレイ@浜名湖ガーデンパーク 参加者募集のお知らせ」(PDF) 
「JFSガーデン・ディスプレイ 参加申請書」(Excel)

ジャパンフラワーセレクション実行協議会
一般財団法人日本花普及センター 内
東京都中央区東日本橋3-6-17山一ビル4F